分譲賃貸マンションのメリットとは?

住みやすい環境がつくられている

分譲マンションはその多くが、メインの購入層であるファミリー層をターゲットにして、プランされています。そのため、3LDKや4LDKなど、広さにゆとりがある間取りのマンションが、賃貸物件として出ていることが多くなるのです。また、広さにゆとりがあるため、収納が多く取られていることも特徴の一つに挙げられます。通常の賃貸物件では、なかなか広さの面で条件に合うものがないと感じたら、分譲賃貸マンションを視野に入れてみるとよいでしょう。

また、マンションの住民マナーも良い傾向にあります。これは、これからずっと住む前提でマンションを購入しているため、近隣住民とはトラブルを避けたり、よい住環境をつくりたいという潜在意識が働くためだと言えるでしょう。

便利な設備やサービスが備わっている

分譲マンションでは販売の際に、食器洗い乾燥機や浴室換気乾燥暖房機など、充実した設備を売りにしているところも多く、便利な暮らしを送ることができます。他にも、床暖房や浄水器など、さらに快適な生活を送れるような設備が備わっているところもあります。分譲マンションでは、各部屋内だけでなく、共有スペースも充実しています。不在時に受け取りが可能で便利な、宅配ボックスが設置されていたり、いろいろ対応してもらえるコンシェルジュが駐在している物件もあります。

また、オートロックや防犯カメラなどを完備し、さらにセキュリティ会社と連携して、安全な生活を送れるような対策がとられている物件もあります。他の物件との差別化を図るために、設備やサービスが充実している物件が多いのです。