タワーマンションの特徴とは?

タワーマンションのメリットを知っておこう

タワーマンションは普通のマンションと違って高層ビルです。基本的にタワーマンションに法律上の定義はありません。建築基準法だと高さ60m以上の建築物を超高層建築物に設定しています。つまり高さ60m以上のものがタワーマンションだと考えておきましょう。かなり高層に住むことができるのがタワーマンションのメリットです。窓から都市を一望することができるので通常では味わえない生活を体験できます。またタワーマンションの殆どは駅から近い場所に設置されます。主に都心にある物件なので交通機関が充実していて生活もしやすいのが強みです。物件によっては低階層に商業施設が入っているところもあります。そのようなタワーマンションは外に出ていかなくてもマンション内で買い物ができます。

共用施設が多く生活が便利

タワーマンションは普通のマンションよりも設備が充実しています。建物内には共用設備が非常に多く、建物内だけで生活が完結します。例えばフィットネスクラブが入っているタワーマンションもあります。仕事から帰ってすぐに運動をすることができるので、いちいち外部のフィットネスクラブに移動する必要がありません。さらにシアタールームがあるところは映画の視聴も可能です。いつでも自宅からすぐに映画を観れるシアタールームまで移動できるので映画館まで行くガソリン代の削減をできます。子供のいる家庭ならキッズルームのあるタワーマンションが便利です。子供預ける事ができるので、一時的に子育てから解放されて快適に他の作業をすることができるでしょう。