日本ではどうしても土地の価格が高いために一戸建てとなると敷居が高く、賃貸物件を選択するという人が少なくありません。特に賃貸マンションは気軽に入居出来るということもあって人気があります。そこで、これから賃貸マンションの利用を検討している人にとって役立つ情報を紹介します。

賃貸物件としての分譲賃貸マンションについて

マンションには様々な形態がありますが、その一つとして最近増えているのが分譲マンションです。そこで、分譲マンションについて興味があるけれど、具体的に賃貸物件としてどうなのかわからないという人にとって役立つ情報を紹介します。

分譲賃貸マンションの特長とは?

分譲賃貸マンションとは、もともとは分譲マンションだったけれど、その物件を賃貸として出しているマンションのことを言います。なぜ賃貸として出しているかは、色々なケースがあるので一概には言えませんが、普…

分譲賃貸マンションのメリットとは?

分譲マンションはその多くが、メインの購入層であるファミリー層をターゲットにして、プランされています。そのため、3LDKや4LDKなど、広さにゆとりがある間取りのマンションが、賃貸物件として出ている…

旭川の賃貸家賃は集合住宅が割高になっている

旭川の賃貸物件の中でもマンションのような集合住宅ほど、他の地域より家賃が割高です。旭川は高層建築のマンション物件の需要が多く、間取りや築年数を問わず入居契約が決まりやすいので家賃も高額になるのです。

賃貸物件としてのタワーマンションについて

タワーマンションの特徴とは?

タワーマンションのメリットとは?

タワーマンションのデメリットとは?

分譲賃貸マンションのデメリットとは?

分譲賃貸マンションはそもそも数が少ない

賃貸アパートよりも分譲賃貸マンションの方が設備が充実しており、特にカップルやファミリーで新生活を始めたい方々に最適です。その反面、いくつか気になるデメリットも存在します。例えば、選べる物件の数が賃貸アパートに比べて少ないのがネックです。 都心部では比較的充実しているものの、少し郊外の地域になると急に分譲賃貸マンションの数が減ります。特にいわゆる田舎街だと選べる物件数が非常に少なく、家賃の額や交通面のアクセス、周辺環境の事で大きく妥協しなければいけません。広々とした間取りと充実した最新設備のマンションで暮らせるようになった反面、以前暮らしていたアパートよりも通学や通勤、普段のお買い物で不便になる、という可能性もあります。

賃貸物件特有のルールがあります

同じマンション物件でも、購入するのと賃貸契約を結ぶ場合では、暮らし方に違いがあります。持ち家として所有すれば内装や設備を自由に変えられたり、ペットの飼育がOKだったり、長期的に見れば費用対効果が良くなる等、独自のメリットがあります。一方で分譲賃貸マンションだとルールがやや厳しめです。 例外はあるものの、リフォームやDIYが原則禁止されている事が多く、また住民はあくまで借りている立場なので、大家さんや管理会社の都合で家賃が大幅に上がったり、規約変更があっても順守しなければなりません。また定期借家の仕様上、ずっと同じ部屋で暮らせない事も多いです。せっかくお気に入りの分譲賃貸マンションが見つかり暮らしが落ち着いても、契約内容によっては短期で引っ越さなければいけなくなります。